オーガニックについて

by author



昨今おもに女性たちからの注目を集めて人気が高まっている傾向にあるオーガニックですが、意味的には農薬や化学物質に頼らずに自然の状態での加工方法等のことです。

たまに耳にする有機栽培の有機というものがオーガニックのことで、オーガニック食品は化学的な危害のリスクが一般の食品よりも低いことが特徴です。

もっとも有機肥料も知識がない人が誤って使えば、それはそれなりのリスクもありますし、育てられる野菜などの植物にも良い影響は与えません。



このように有機栽培は化学的な意味での危害は少ないですが、まったくリスクがないというわけではありません。

iPhone7の予約の情報をお届けします。

ただ他の一般食品よりは化学的成分を含まないために安全で、一部では普通の栽培方法よりも栄養価が高かったり、美味しかったりするという説もあります。

またあくまで有機という名称なため、野菜などの植物に関しては、土を使わない栽培方法は有機栽培とは認証されません。



たとえば最近増えているレタスなどの葉物野菜を水耕栽培する工場野菜や、山葵の礫耕栽培などは、有機認証の対象外です。もっともきのこ類の菌床や、ほだ木栽培は土を使わずとも例外的に有機栽培として認められています。

なお、日本では現在農産物と加工食品、畜産物と飼料の四種類が有機JAS認証が制定されています。

これらの他にも諸外国などでは水産物や繊維、コスメなどの分野でもオーガニックが盛んになっており、日本でも今後これらの有機認定が期待されています。